連絡先 email : kengo.suzuki[at]riken.jp Tel : 045-503-9111
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン
スマートセルインダストリーは
様々な分野で大きな変革をもたらし人類が直面する
地球規模の様々な問題を解決しうる分野です

スマートセルインダストリ

スマートセルインダストリーとは

スマートセルインダストリーは有用物質等の製造を高度化・効率化するために、高度に制御された生物を用いた技術、あるいはその技術を用いた産業を指します。スマートセルインダストリーは、2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて持続可能な開発目標(SDGs)が国際目標として掲げられて以降、SDGsの目標達成のために重要な概念とされており、各国がスマートセルインダストリーに向けた取り組みを行っています。スマートセルインダストリーのように生物資源やバイオテクノロジーを有効活用して経済成長を図る試みをバイオエコノミーと言いますが、バイオエコノミーの市場規模は2030年には世界のGDPの2.7%(約200兆円)規模に上ると考えられています。

スマートセルインダストリーによって解決できる問題

スマートセルインダストリーによって解決する可能性のある問題は医療、エネルギー、食料と多岐にわたります。医療においては、再生医療の分野で、テルモ株式会社が既に販売している商品として、患者さんの大腿部の筋肉組織に含まれる細胞をシート状に培養し患者さんの心臓表面に移植することで重症心不全を心臓移植無しで行う製品や、J-TECによる重症熱傷患者の治療に使⽤できる表皮シートなどが知られています。

これら再生医療の市場規模は2050 年に38兆円になると考えられており、疾病の根本的な治療や、健康長寿社会の実現が可能になると考えられております。また、エネルギー分野では石油国依存脱却のためにバイオエタノールの分野が盛んであり、欧米諸国では既に自動車用燃料供給において、バイオエタノールを一定量使用することが義務付けられています。食料分野では、世界の食糧問題を解決するために、遺伝子組み換え作物の耕作面積は急速に拡大しています。世界の大豆の83%、コーンの29%は遺伝子組み換え作物であり、将来的な人口増加(97億人/2050年)に伴う食糧問題を解決するために遺伝子組み換え技術は重要な役割をもっています。

このように、スマートセルインダストリーは様々な分野で大きな変革をもたらし人類が直面する地球規模の様々な問題を解決しうる分野としての可能性を持つため、日本においてもスマートセルインダストリー実現に向けた戦略的な取り組みが必要となってくる分野として今後ますます期待される分野であるといえるでしょう。