連絡先 email : kengo.suzuki[at]riken.jp Tel : 045-503-9111
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン

地球を救うかもしれない日本中のミドリムシをみんなで集めよう!

みんなのミドリムシプロジェクト

参加方法・応募方法

お待たせしました。『ご当地ミドリムシ収集』への御協力いただけるチームの募集を開始します。こちらへの御協力は、安全面への配慮のため、今回は高校生限定とさせていただきます。また、教育活動の一環として高校単位での御協力をいただきたいと考えています。ご参加の意思がある高校生、及び統括できる教員のチームを構成し、教員が代表してのご応募をお願いいたします。

御協力いただく内容は、当初、下記Aコースのように、野外での採水、及び理化学研究所への
御送付のみをお願いする予定でしたが、ご要望を受け、Bコースも設けました。
私共のできる作業量にも限界があるため、是非ともご協力いただけますと助かります。

Aコース
・野外で取得した水サンプル(最大20 か所)を理化学研究所に送付。
・理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームで各サンプル水に含まれる微生物の顕微鏡写真を取得。
 ミドリムシ、特にEuglena gracilisが存在するか培養して検証し、いれば単離。

Bコース
・野外で取得した水サンプル(最大20 か所)のそれぞれ半分量を理化学研究所に送付。
・分取した残り半分を使い、高校の実験室で培養を実施。
・数回の継代後、提供した培地で増殖するミドリムシ(Euglena gracilis)がいる場合、培養液を理化学 研究所に送付。
・理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームにて単離。

※作業に必要なプラスチック器具、手順書、送付用の袋等は理化学研究所で準備します。
※Bコースに御参加いただく場合には、顕微鏡が必要となり、1カ月程度の継続的培養が必要となります。
※A, Bいずれのコースの場合も、参加者は採水者としてクレジットされますが、取得した株の知財は
 理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームに帰属されることを御了承ください。

※進捗の御報告は、後日ご案内するデータベースを通してとなります。

御応募の方法


以下の情報を記載し、minnnanomidorimushi@ml.riken.jp までメールにてご連絡ください。

​(2019年6月26日追記:参加同意書のご提出もお願いすることになりました。郵送、FAX、もしくはメール添付でのご提出をお願いします。)
 

 件名:みんみどPJ参加希望

 高校名:

 代表教員名:

 連絡先(メールアドレス):

 参加高校生の大雑把な人数:

   希望コース:

 採取キット送付先:

 コメント等(もしあれば):

いろいろな地域のミドリムシについて、これまでにわたしたちが調査を行ったのは、福島、香川、熊本、及び沖縄の一部のみです。日本にはたくさんの独立な水源があるので、いろいろな可能性を持ったミドリムシがいるかもと出張や旅行のたびに少しずつ持って帰って来たりはするのですが、まとまった数の水サンプルを集めるのはわたしたちの力だけではなかなか難しいです。みんなの力を合わせて、日本中から水サンプルを集め、ご当地ミドリムシのリストを作るのが、このプロジェクト目的です。

※参加同意書はこちらからダウンロードをお願いいたします。

40d80b8089c8418a961cb75d96d491f7.jpg
b8964aa7650d463fac3b77e0d00e8f12.jpg

※採水に必要な器具等は、十分な数を用意していますが、万が一想定していたよりも御応募が多かった場合には先着にてのご参加高校の選択とさせていただきます。

※参加校は随時募集しますが、御応募いただいた高校から、7月中旬を目途に採取キットの送付を開始いたします。

⇒開始しました。参加高校は引き続き募集中です (2019/07/25)

※サンプルの送付に期限はございませんが、秋を過ぎるとミドリムシは見つかりにくくなります。ご検討中の方は、なるべく早めのご参加をお願いいたします。 

 

​メディア等掲載情報