​参加高校募集中

 

地球を救うかもしれない日本中のミドリムシをみんなで集めよう!

みんなのミドリムシ プロジェクト

 

植物のように光合成をしながら、動物のように動き回る性質を持ち合わせている非常に特徴的なプランクトンの一種である「ミドリムシ」。

みなさんも名前を聞いたことがあるかもしれませんが、現在ミドリムシは食品や化粧品の材料として利用されはじめていて、日本を中心にいろいろな商品に使われています。世の中には50種類以上のミドリムシの仲間がいますが、商品の材料として使われるミドリムシは、ユーグレナ・グラシリスという種類です。

 

そんなミドリムシですが、日本にいる同じ種類のものであっても、住んでいる地域によって、それぞれ大なり小なり性質が異なる事がわかってきました。今回、開始するプロジェクトでは、日本にいるいろいろなミドリムシを見つけ出していきます。それにより、ミドリムシの生息場所を明らかにし、それぞれのミドリムシの特徴を調べることで、世の中において応用可能かを調べる研究を進めます。ミドリムシを集めるのに、是非みなさんの力を貸してください!

 

世の中で活用できるかもしれない、まだ見つかっていないミドリムシの生息状況を知りたい!

 

みなさんこんにちは、理化学研究所の鈴木健吾です。東京大学においてミドリムシの可能性を知ることになる研究を始めてから、在学中に株式会社ユーグレナというベンチャー企業を作って、そこから研究の責任者としてミドリムシの研究を13年以上行っています。会社では、石垣島でミドリムシを育てて、これを原料とした食品や化粧品を販売してきましたが、そうした中でミドリムシのいろいろな可能性に気付かされてきました。

 

2020年以降は、燃料をはじめとする生活に必要な物質をつくることができるミドリムシが世の中を変えるかもしれない。そんなミドリムシのことを、みなさんと新しい発見も分かち合いながら調べたいというのが、今回の私のちょっと欲張りな提案です。

  

 

 

 

ミドリムシとは

 

ミドリムシはユーグレナ属に含まれる微細藻類の和名であり、淡水の湖沼、田んぼなどに生息する理科実験における観察でもおなじみの微生物です。50種類以上が知られるミドリムシのうち、ユーグレナ・グラシリス(Euglena gracilis)は50年以上も前からモデル生物として使われてきていますが、その豊富な栄養素、及び細胞内に蓄積するβグルカンであるパラミロンの機能性から産業利用も検討され、2005年の大量生産技術の確立を機に健康食品の原料としても供給・利用され始めています。ユーグレナ・グラシリスは自然界では比較的レアな種ですが、うまく制御された条件では非常によく増えることで、ミドリムシの中で最も産業利用に適した種です。さらに、ミドリムシはまわりの酸素が少なくなると油をためることが知られており、これをバイオ燃料の原料として利用することも検討されています。

みんなの力を合わせて各地のミドリムシがいるかもしれない水を収集
世界初、市民参加型ミドリムシ分布調査研究!

 

いろいろな地域のミドリムシについて、これまでにわたしたちが調査を行ったのは、福島、香川、熊本、及び沖縄の一部のみです。日本にはたくさんの独立な水源があるので、いろいろな可能性を持ったミドリムシがいるかもと出張や旅行のたびに少しずつ持って帰って来たりはするのですが、まとまった数の水サンプルを集めるのはわたしたちの力だけではなかなか難しいです。みんなの力を合わせて、日本中から水サンプルを集め、ご当地ミドリムシのリストを作るのが、このプロジェクト目的です。

 

ミドリムシのマップの完成を目指す!

 

最近は、遺伝子に関する調査がむかしより簡単にできるようになってきました。そこで、日本におけるミドリムシもそれぞれの地域ごとに、その遺伝子の性質を調べ、系統解析をすると面白い情報が得られると考えています。

 

プロジェクトではみなさんが集めてくれた水サンプルから採ったミドリムシの情報を、公開予定のミドリムシマップに追加していきます。

ミドリムシマップには以下の内容を載せる予定です。

 

(1)水を採取した場所

(2)水の中にいたミドリムシの写真

(3)ミドリムシの系統(遺伝子を調べた結果)

  ※ミドリムシがユーグレナ・グラシリスである場合

(4)採取した人名、もしくはチーム名

(5)備考(あれば)

 

まずは第一段の目標!

北はなるべく北海道から南はなるべく沖縄まで、1,000か所の水源から全国の協力してくれる高校生などに手伝ってもらって、 水サンプルを集めます。

支援金の使途について

 

資金は、理化学研究所への間接経費を除く全額を、日本中から集める水の調査に使用します。

 

(予算の概算) 

・サンプリングキット費                20万円

・細胞単離消耗品・作業費             30万円

・遺伝子情報解析費                       30万円

・報告作業経費                              20万円

 

 

 

鈴木健吾(スズキ ケンゴ)経歴

■ 鈴木健吾

 

《学位》

2016年3月 博士(農学)東京大学

2019年3月 博士(医学)北里大学

《学歴・職歴》

2003年  東京大学 農学部生物システム工学専修 卒業

2005年  株式会社ユーグレナ 取締役 就任

2006年  東京大学大学院 農学生命科学研究科修士課程 修了

2016年  東京大学大学院 博士(農学)学位 取得

2018年  理化学研究所 バトンゾーン研究推進プログラム 微細藻類生産制御技術研究チーム チームリーダー就任 (現任)

2018年  株式会社ユーグレナ 執行役員研究開発担当 就任(現任)

2019年  北里大学大学院 博士(医学)学位 取得

参加方法

①クラウドファンディング 

 参加方法:理研版クラウドファンディングシステムで実施を致しました。

​      参加いただいた方ありがとうございました。​

②市民参加型研究(『ご当地ミドリムシ』の収集)

お待たせしました。『ご当地ミドリムシ収集』への御協力いただけるチームの募集を開始します。
こちらへの御協力は、安全面への配慮のため、今回は高校生限定とさせていただきます。
また、教育活動の一環として高校単位での御協力をいただきたいと考えています。
ご参加の意思がある高校生、及び統括できる教員のチームを構成し、
教員が代表してのご応募をお願いいたします。

御協力いただく内容は、当初、下記Aコースのように、野外での採水、及び理化学研究所への
御送付のみをお願いする予定でしたが、ご要望を受け、Bコースも設けました。
私共のできる作業量にも限界があるため、是非ともご協力いただけますと助かります。


Aコース
 野外で取得した水サンプル(最大20か所)を理化学研究所に送付。
 理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームで各サンプル水に含まれる微生物の顕微鏡写真を取得。
 ミドリムシ、特にEuglena gracilisが存在するか培養して検証し、いれば単離。

Bコース
 野外で取得した水サンプル(最大20か所)のそれぞれ半分量を理化学研究所に送付。
 分取した残り半分を使い、高校の実験室で培養を実施。
 数回の継代後、提供した培地で増殖するミドリムシ(Euglena gracilis)がいる場合、培養液を理化学研究所に送付。
 理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームにて単離。

※作業に必要なプラスチック器具、手順書、送付用の袋等は理化学研究所で準備します。
※Bコースに御参加いただく場合には、顕微鏡が必要となり、1カ月程度の継続的培養が必要となります。
※A, Bいずれのコースの場合も、参加者は採水者としてクレジットされますが、取得した株の知財は
 理化学研究所 微細藻類生産制御技術研究チームに帰属されることを御了承ください。

※進捗の御報告は、後日ご案内するデータベースを通してとなります。


 御応募の方法:
 以下の情報を記載し、minnnanomidorimushi@ml.riken.jp までメールにてご連絡ください。

​ (2019年6月26日追記:参加同意書のご提出もお願いすることになりました。郵送、FAX、もしくはメール添付でのご提出をお願いします。)
 

 件名:みんみどPJ参加希望

 高校名:

 代表教員名:

 連絡先(メールアドレス):

 参加高校生の大雑把な人数:

   希望コース:

 採取キット送付先:

 コメント等(もしあれば):

 

※参加同意書はこちらからダウンロードをお願いいたします。


※採水に必要な器具等は、十分な数を用意していますが、万が一想定していたよりも御応募が多かった場合には
 先着にてのご参加高校の選択とさせていただきます。

※参加校は随時募集しますが、御応募いただいた高校から、7月中旬を目途に採取キットの送付を開始いたします。

 ⇒開始しました。参加高校は引き続き募集中です (2019/07/25)

※サンプルの送付に期限はございませんが、秋を過ぎるとミドリムシは見つかりにくくなります。

 ご検討中の方は、なるべく早めのご参加をお願いいたします。 

プレミドリムシハンティング報告(with横浜サイエンスフロンティア高校の学生さん)

 → ​【前編】ご当地ミドリムシを探せ!!―「みんなのミドリムシプロジェクト」を始動してみた。

     https://www.euglena.jp/euglenastance/archives/1696

 → 【後編】出会え!「ご当地ミドリムシ」―水はすくった、次は発見できるかだ

     https://www.euglena.jp/euglenastance/archives/1764

朝日新聞デジタルでのプロジェクトの紹介 new

    https://www.asahi.com/articles/ASM6X74W1M6XULBJ018.html

メディア掲載実績、関連情報

 ・ 理化学研究所トピックス → http://www.riken.jp/pr/topics/2019/20190403_1/

 ・ PRTIMES → https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000036462.html